ギタリスト 鈴木大介のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 今井さんのギター

<<   作成日時 : 2006/02/09 09:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 3

今井さんの新作ギターの写真がメディア・カームの
ホームページにアップされました。
かなり詳細なパーツの様子も鮮明です。

僕はこれまで、いろいろな種類のギターを使わせてもらってきました。
デビューしてからは68年製のフレドリッシュでしたが、
周囲の人から、よりトーレス系に近い、
抜けの良い音色を勧められ、マイナーチェンジで
67年製のブーシェに近いフレドリッシュを貸していただいたりしていました。
その後、さらにトーレス系に近い楽器ということで、
ケヴィン・アラム(現在今井さん以外で手元にあるのはこれだけ)、
マイク乗りの良い大きな音量が必要になって
杉のギルバートを使ったりしました。

トーレス系、とおおざっぱに言ってしまうのも乱暴な気がしますが、
ハウザー、ブーシェ、いくつかのロマニリョス、など、
表面板の振動がセンシティブで高音のつまりが少ないものは、
たしかに音楽的に機能性が高い、
つまり、アポヤンドを中心に単音の方が和音より力強い、
Cメジャーの和音を弾くとソの音が飛び出してしまう、
シャープ系の倍音が多すぎる、などの
ギター特有の癖からすこし離れた特性を持っていると
言えるようなのです。

ただし、操作性(弾きやすさ)、音程などを考慮すると、
やはり古い楽器にはそれ相応のリスクが伴うため、
経済的なことも考えて、新しく自分用のギターを作ってもらおう、
と考え始めたのが98年ころ。

当時、今井さんが最高級のトーレスのコピーを作られて、
福田先生がそのオリジナルを弾き、僕がそのコピーを弾くと言う、
GGサロンでのコンサートがあったのですが、
その今井さんのトーレスのボディの、軽さ、強靭さ、胴厚の薄さから来る
振動の良さが気に入って、
そのボディをベースに、僕がお借りしてかなり気に入って使っていた
今井さんのレイズド・フィンガー・ボード・システムを採用し、
かつ、ネックの重さと音程(力木の配置)を変えたものを
作っていただくことになりました。

表面版が松、横裏がハカランダの第一号器ができたのは
2000年の4月頃。
初めてもった瞬間から信じられないくらい手になじむ、
音も想像を超えて輝かしくノーブルな作品でした。
(「どですかでん」、「月の光」、
「Sweet Bossa〜Breezin' Guitar」
「夢/北の帆船」、「カタロニア讃歌」の録音に使用。)

構造状のメリットが明らかになるにつれ、
同じギターを杉の表面版でも作ってみよう、ということになり、
2001年に試作品が出来上がりました(「daydream」で使用)。
試作品でコンチェルトなどを弾いてみて、
とても良かったので、2002年に第二号器が完成。
(「Sweet Bossa〜Breezin' Guitar」
「夢/北の帆船」に使用。)
杉のギターの良さは、自分に音がよく聞こえること。
マイク乗りが良いこと。音が軽やかで制御しやすいことです。
このギターとはほとんどのコンチェルト、テレビ、サイトウキネンなど、
リスクの高い仕事をともにして来ました。

そして一昨年、
今井さんがある時ふと見せてくださったしろくてきれいな裏板。
僕の新しいギターのための、楓の板でした。
楓(メープル)は、古楽器やヴァイオリンに使われていて、
トーレスにもかなりの本数、楓のものがあるそうです。

ハカランダに比べて比重が軽いため、
松の表面版でもアクションが重くなく、
自分にも良く聴こえて、遠逹性も豊かです。
かつ、音程が正確で安定していて、純粋さと透明感があります。
スペインの作品よりも古典やバッハ、
あるいはジャズや現代音楽で使ってみると、
楓ならではの素直な音楽を体験できます。

そのようなわけで、日々未知の響きに出会っています。
現在は、この楽器に夢中で、
ちょっとほかの2本はお休みです。
今井さん、ほんとうにありがとうございます。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
メープルのトーレスタイプ、想像しただけでもいい感じですね。これからメープルで小振りの良い楽器が増えてくるのかなと思って、期待しています。
kohji
2006/02/09 16:11
大介殿、お久しぶりでございます、イマイメープルモデルユーザーのあまりです。
噂のトーレス風メープルモデル見ました見ました!いやーかっこいいですなー。トラ杢が実に見事ですね。
私のはかれこれ9年ぐらいになりますが、本当によく鳴ってまして、むしろリミテッドより音量があるくらいですよ。
早くこの楽器の音を聴きに行きたいですねー。
あまりです
2006/02/09 20:06
ただいま休憩中の松君・杉君は、たぶん
楓ちゃんに、ちょっと嫉妬している・・
ご主人様は今、色白の若い娘に夢中なん
だよなあ、ああ俺さみしいなあ【・ζ・】
・・・なんてネ。
ちびマルコ
2006/02/09 22:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
今井さんのギター ギタリスト 鈴木大介のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる